『最初で、かつ本物で、そして目に見える効果。実践的な魔術が出来たその理由とは』

こんにちは、FREEDOMです。

今回は私達グループの一員が編み出した『実践的魔術書』、その紹介となります。

と、長い文章の前に、早速リンクを置きま

実践的魔術書詳細はこちら

した。

購入は上記リンクからどうぞ。

長い紹介とか説明とか要らねぇからさっさと見せてくれ!

(この魔術には個人差があります。必ず効果を発揮する訳ではありませんのでご了承下さい)

さて、この魔法ですが、創作物から力を作り出して得るものとなっています。胡散臭いでしょォ?(笑)それがねぇ、あっと驚く『目に見えるハッキリした効果』を見せてくれるんですよぉ(笑)

身長がいきなり頭一つ分伸びる!

テレパシー!

そして脳腫瘍(笑)

※脳腫瘍は自分がかかるものではありません

そして初代のAg尊士さんは顔にギアスマークが出来たらしいです(笑)

実験

現段階ではこの魔法が電波によるモノなのか、そうでない不思議な力によるモノなのか、エレベーターという密室でのテレパシー実験を予定しています。

エレベーター実験とは、エレベーターという金属で出来た密閉空間を活かした実験です。金属は電波を通しません。それを利用し、エレベーター内でテレパシーが遮断されれば能力が電波によるモノとなります。エレベーター内でもテレパシーが使えれば、それは電波ではなく、別の不思議な力が働いて発生している事になります。

この魔法の理想

●容姿の変化(小さい変化では身長の急激な変化が報告されている)

全身の変化や女体化が望まれる。

●女性への効果付与

女性に効果が現れないケースが多い。これも改善が待たれる。

●脳腫瘍の武器化

この魔法は脳腫瘍を発動させる事も可能。しかし殺人事件に発展する可能性があり、安易に改善できない。

現段階では脳腫瘍は発動させられるが脳全体に回るほどのモノではなく、後遺症すらも残せない事が殆ど。

●催眠術的効果

テレパシーができるなら、この魔法は他人に干渉できるという事になる。この効果を向上させれば脳内に直接催眠術を響かせる事が可能となるかもしれない。

またこのサイトではタイムリープを専攻に研究グループが記事を書いております。
購入しに来たついでにと、このサイトの記事を閲覧して楽しんで頂けますと幸いです。

『『最初で、かつ本物で、そして目に見える効果。実践的な魔術が出来たその理由とは』』へのコメント

  1. 名前:佐和山の侍 投稿日:2018/01/15(月) 18:59:41 ID:83ffb994e 返信

    その魔法とやらに仕組みはあるのか?ちょうどベルセルクを見てて魔法の話題が出てたからなんとなくコメントしておく。
    ベルセルクに出てくる魔法の仕組みは

    キールケ
    「三位一体といって現世のすべては少なくとも他の二つの世界と重なり合い成り立っているのです。一つは幽世。俗にいう『霊』アストラルの世界。もう一つは存在の根源である『魂』イデアの世界です。」

    イシドロ
    「ようするに幽霊だろ?それにしちゃ生々しすぎやしないかぁ?ベタベタで気色悪いのなんの。」

    キールケ
    「それはあなたが幽体たちにあなたの幽体で触れているの。幽体が強く感じでしまえば肉体はそれがあたかも物質であるかの如く見たり触れたように振舞ってしまうの。」

    これがベルセルクの世界観なんだがここから魔法の仕組み。まぁファンタジー的な魔法だが。

    キールケ
    「現世の個体、液体、エネルギー、気体の4つの状態は全て幽世における地、水、火、風で象徴されるエレメンタルたちの働きに共鳴したものなのです。」

    まぁ普通に読んでればただの凝った設定だと思うが、この共鳴という部分がすごいしっくりくる。
    というのも精神世界「霊」と物理世界「五感」そしてそれらを認識するもの「魂」この3つは確かに確かに今ある。そしてこの3つの世界は互いに干渉しあい影響を与え合っている。共鳴している。つまり精神世界である思考により物理世界の物質に働きかけることが魔法なのではないかという考えだな。

    だから今まさに神智学?神秘学?人智学?でアストラルとかエーテルとかについて調べているんだがさっぱりでな。あんだま氏がそれについて詳しかったような記憶がある。

    それと不快感というのは霊的現象ではないだろうか。例えば嫌いな人に触られてその感触がいつまでも続いているように感じる。これは幽体の念というかオーラみたいなものがひっついているのではないだろうか。まぁ答えは出ないが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。