近代の西洋魔術って何ができるの?

 こんにちは、沙耶です。以前の記事で古代の魔法を紹介しました。プラトンの哲学が形を変えて錬金術占星術カバラの基礎となっていくのですが、中世に入りカトリック教会の力が強くなるにつれて魔法が規制され、近代になってからルネサンスによって近代魔術が登場します。今回はそんな近代魔術を紹介しようと思います。

ルネサンスの始まり

 カトリック教会が支配する神聖ローマ皇帝において、黒魔術で人々を陥れる魔女という存在が囁かれます。何か悪いことがあると魔女のせいにし、無実の人を魔女に仕立てあげて拷問をする、異端審問の形をした大虐殺「魔女狩り」が行われるようになります。当の教会も「買うと罪が許される」という免罪符を売り、そのお金でサン・ピエトロ大聖堂を建てるなど本来のキリスト教とは解離していきました。そんな中、マルティン・ルターが「信仰によって罪が許されるのであって、免罪符を買うという行動は関係ない」と教会を批判し、宗教改革が始まります。教会はそれまでのカトリックとルター率いるプロテスタントに分裂し、カトリック教会の権威は小さくなっていきます。縛られるものがなくなった市民によってギリシャ時代の文化を取り戻そうとするルネサンスが起こり、ヘルメス主義新プラトン主義の考え方も近代に舞い戻ってきます。

 ルネサンス期の哲学者マルシリオ・フィチーノがギリシャ語で書かれていたヘルメス文書やプラトンの著作集をラテン語に翻訳したことにより、ローマにヘルメス主義や新プラトン主義が広まります。このラテン語に翻訳された新プラトン主義ともうひとつ、近代魔術に影響を与えた書物があります。かつてキリスト教が力を持ち始めた5世紀頃に書かれたディオニシオス文書です。ディオニシオス文書とは、キリスト教的に宇宙観を示した文書でありカトリック教会が正式に認めているにも関わらず、プラトン的な考え方をしています。例えば神が作ったものは天使人間事物の三種類としており、この三種類の内容はそれぞれプラトンの言うイデアと同じです。

 非ユダヤ人でありながらユダヤ神秘学であるカバラに精通しているピーコ・デッラ・ミランドラという哲学者は、ディオニシオス文書の世界観によってカバラをキリスト教に持ち込むことを考えました。どちらもプラトン主義という点で同一なので、ユダヤ教の考え方をそのままキリスト教に持ち込むことができたのです。

近代魔術

 ユダヤ教にカバラという神秘学があるように、キリスト教にも神秘学がありました。キリスト教神秘学者のフィオーレのヨアキムは、最後の審判で許された人間が住む楽園、つまり天国がどこにあるのかを考えました。死人が永い眠りから覚めて救われるのだから、楽園は地上に現れるはずで、理想の国である楽園からは教会を含めたあらゆる組織がなくなるという考え方をしました。この考え方はカトリック教会と対立していたプロテスタントなどに支持されることになります。この考え方に影響を受けたエリファス・レヴィは、カバラ、ヘルメス主義、キリスト教の視点からそれまでの占星術、メスメリズム、タロット、東洋哲学などの魔法を解説した本であるオカルト哲学を書きました。この本が近代魔術に広く影響を及ぼします。

 魔術によって民を救う秘密結社として薔薇十字団の存在がヨーロッパ中で噂されるようになると、当時から秘教的な儀式を行っていた石工団体であるフリーメイソンが薔薇十字団なのではないかと噂されるようになり、薔薇十字団の考え方に共感する人達がフリーメイソンに増えていきました。こうして石工団体であったフリーメイソンが魔術結社になっていきます。フリーメイソンの中でもギルドによって考え方が異なる部分もあり、中には黄金の夜明け団OTOなど独立した団体も出てきました。

近代魔術で何ができるの?

 近代魔術にも流派があり、やり方や考え方は数多くあります。今回はその源流と言われる黄金の夜明け団の魔術の一部を紹介します。

 魔法円(魔法陣)の中などで霊的(イデア的)存在を呼び出し使い魔にする魔術を喚起魔術と言います。タルパなどの人工精霊はこの一種にいれられることがあります。また、神格を自分に憑依させることで神格を召喚する魔術を召喚魔術と言います。この2つは黄金の夜明け団系の魔術ですが、魔法円から精霊や悪魔が現れるシーンはアニメやゲームなどで度々使われます。

 タロットなどで未来を予知する魔術を占術と言います。タロットの大アルカナがカバラのセフィロトや占星術の天体と結び付けられ、A.E.ウェイトのライダー版タロットやアレイスター・クロウリーのトートタロットが広まります。ウェイトもクロウリーも近代の魔術師として有名ですが、ウェイトは思弁的な魔術、クロウリーは実践的な魔術を得意としています。

本当に魔法が使えるの?

ここまで見てきたように、魔術の考え方というのはキリスト教などの宗教的な考え方が大きな影響を与えています。もちろんキリスト教を完全に否定することはできませんが、少なくとも日本に生まれ日本で暮らしている人の多くはキリスト教の考え方になじみがありません。唯一神を信じていない私たちからすれば新プラトン主義の一者をヤハウェと同一視している時点で破綻しています。なので私たちが魔法を理解するにはクリスチャンの魔術とは違う私たちのための魔術体系を構築する必要があると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。