建国記念の日ってなんで今日なの?

 こんにちは、沙耶です。今日は建国記念の日で、神話に登場する初代天皇である神武天皇が天皇になった日です。これは紀元前660年の話とされていて、西暦がキリスト教の誕生を元年とするように戦前の日本では神武天皇即位を元年としていました。そしてこれに従うと今年は皇紀2678年ということになります。では、なぜ神話上の出来事がその日だと分かるのでしょうか。今回はかつて日本の紀年法の基準として一般に使われていた建国記念の日について紹介しようと思います。

戦前の祝祭日

 第二次世界大戦前に日本に存在した四大節(主な4つの祝祭日)は紀元節(建国記念の日)、四方節(元旦)、天長節(天皇誕生日)、明治節(明治天皇誕生日)です。紀元節は神武天皇即位の日ですし、天長節と明治節は天皇の誕生日です。四方節はただの年の始まりのように見えますが、その名前は四方拝という皇室行事にちなんでいます。つまり4つとも天皇関係の日なのです。もちろん王政復古から人間宣言までの時代は天皇の権威が強かったので不思議ではありませんが、どれだけ天皇が重要な存在であったのかはわかると思います。

 ここで、文部省が明治24年に制定した小学校祝日大祭日儀式規程の第1条第1項を見てみます。

第一条 紀元節、天長節、元始祭、神嘗祭及新嘗祭ノ日ニ於テハ学校長、教員及生徒一同式場ニ参集シテ左ノ儀式ヲ行フヘシ

一学校長教員及生徒
天皇陛下及
皇后陛下ノ 御影ニ対シ奉リ最敬礼ヲ行ヒ且
両陛下ノ万歳ヲ奉祝ス

但未タ 御影ヲ拝戴セサル学校ニ於テハ本文前段ノ式ヲ省ク

出典:wikisource

 小学校の校長、教員、生徒は天皇と皇后の写真に最敬礼しなさいということです。他にも教員は教育勅語を読みなさいとか、その式に定められた歌を合唱しなさいなど多くの規定があり、現在のなんとなく満喫するような休日とはわけが違うことがわかります(なんとなく過ごしているのは私だけかもしれませんが)。

戦後の国民の休日

 第二次世界大戦が終わると、日本の仕組みにGHQが立ち入ります。GHQは絶対神と化した天皇が国民を扇動して戦争になったと考えたのでしょう。旧約聖書においてユダヤ人が神の命令で多くの他民族を殺した描写がありますし、クリスチャンもイスラム勢力に対し十字軍を送った歴史があります。西洋人にとって神が戦争に扇動するのはおかしな話ではなく、日本に戦争させないために天皇を無力化することを考えました。こうして天皇に人間宣言をさせ、紀元節は廃止されました。

 時が経って日本がGHQの支配から抜けると、再び建国を記念する休日が提案されます。しかしこの頃には天皇絶対の思想は抜けており、建国神話は歴史学的に信憑性があるのかという懐疑的な意見が皇族の中からも生まれていました。神話上では初代天皇である神武天皇は127歳まで生きたとされており紀元前660年の人間にしては長生きすぎなので、実話を元にしていたにせよ文献に書かれている年は間違いではないかと考えられるのです。

ここで出た案としては「サンフランシスコ講和条約によって日本国が建国された4月28日」「聖徳太子が十七条の憲法を定めたとされる4月3日」などがありましたが、結局は紀元節から日にちを変えずに「建国記念の日」として建国されたことを祝う日とすることになりました。特に2月11日に建国されたという証拠はないけど、お祝いはこの日にしようということです。では科学的かどうかを抜きにして、そもそもなぜ神武天皇の即位が2月11日だと思ったのでしょうか。

干支と旧暦

 神武天皇の即位について、日本書紀には次のように書かれています。

辛酉年春正月庚辰朔、天皇卽帝位於橿原宮、是歲爲天皇元年。

(辛酉の年の立春で庚辰の新月の日、神武天皇は橿原宮で帝位についた。この年を天皇元年とした。)

出典:日本書紀、全文検索

 辛酉と庚辰は干支です。干支は60個で1周するので辛酉の年は60年に1度来ます。なのでこれだけではいつの話なのか特定することはできません。そこで干支の占術を使って解析されます。

 辛酉は革命が起こる年とされており、革命を避けるために改元するということもある程度には信じられていました。同じようにある周期で起こる革命の年というものがいくつか存在し、それが同時に起こる周期が1260年です。逆に言えば、知られている中で最も古い革命的な事件のさらに1260年前が神武天皇即位の年なのではないかと考えられます。そこで辛酉の革命の基準として選ばれたのが聖徳太子です。聖徳太子の叔母である推古天皇が即位した9年目が辛酉の年であり、この年の1260年前が神武天皇即位の年ではないかと言うのです。実際、この年の立春に最も近い庚辰の日は新月になります。この日は西暦で言うと紀元前660年の2月11日です。

 かなり怪しい議論ではありますが、この日が神武天皇即位の日だということが一般に受け入れられ現在でも休日になっています。

『建国記念の日ってなんで今日なの?』へのコメント

  1. 名前:のん 投稿日:2018/02/12(月) 22:28:36 ID:4c11ed24f 返信

    タイムリープとどういった関係があるのですか?

  2. 名前:沙耶 投稿日:2018/02/13(火) 09:23:51 ID:a9a54fec3 返信

    >>のんさん
    コメントありがとうございます。日本人の信仰として建国記念の日を捉えるなら、キリスト教を元にした神秘学に代わって日本人が使える神秘学を構築する材料になるということですね。
    そして、干支を通した予想というのは西洋でいえば占星術にあたり、歴史的な日本人の時間の感覚を考えるのに欠かせません。
    タイムリープに直接関係する話題ではないかもしれませんが、研究というのは間接的な概念の構築の積み重ねだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。